何事も永遠には続かない。仕事をやめる時も来るだろう。そのうち家を引っ越す時期も訪れる。古い携帯がいつかは新しいスマートフォンに変わるように、死ぬまで使い続ける物は一つもないのだ。残念ながら、良きことにもやがて終わりがやって来る。大好きだったテレビドラマが九月には終わりを迎え、お気に入りのジーンズにも穴が空く。馴染みのカフェも、ある日突然店をたたむ。「閉店しました」という貼紙の前で私は呆然と立ち尽くし、すべてがうまく望みどおりには進まないことを思い知る。しかし終わりはやがて始まりをもたらす。終わりこそ始まりの合図かもしれない。小説を書いています。

★文フリ大阪出店します〜 覗いてみてください!